2015-10

Dolly Treasures

昨日、イギリスの人形写真家、Dolly Treasuresのアイリーンがステキな写真を送ってくれました
「これモモコよ~っ」って ひゃーっ、大興奮!!私とお揃いファッションではありませんか!!



この写真はDolly TreasuresのfacebookやInstagramにもアップデートされたのですが、いや~嬉しかったにゃー。
アイリーンてば、私のタイツの柄まで覚えていてくれたんだなぁ…
ってか、タイツのコウモリを描いてくれたのかなぁ、可愛い人だなぁ。

革ジャン、レースワンピにコウモリタイツは、アイリーンと一緒に、ロンドンから帰ってきた日の私のコーデでした。
アイリーンがデータを送ってくれたので、額に入れて部屋に飾りたい
いつでも今回の旅を思い出せる、そんな写真です。

Dolly Treasuresに登場するドール達は、小さなクマまでも、一人一人がキャラクターを持っていて、本当に動き出しそうな、生き生きと不思議な作品です。
ドール達をセッティングするの、すごく大変だと思います。
Dolly Oleでは、「どうやってドールを立たせるのか?」という皆んなの質問に、アイリーンは
気さくに答えてくれていました。
しかも実演してくれました!



アイリーンが針金一本でドールを立たせているのは有名なのですが、これ、簡単そうにやってるけど、難しいよなー。すごいにゃー 。

おおっ!立ってます、立ってます


後ろはこんな風になっています。


うーん、やっぱりアイリーンマジックです

Dolly TreasuresのInstagramは毎日のように更新されて、イタズラ好きのドール達の日常を見ることができます。
既にフォローされいらっしゃる方も沢山いらっしゃると思いますが、もしもご覧になっていない方は、ぜひ彼女のInstagramをご覧下さいね


スポンサーサイト

10月3週目のお教室

ロンドンから戻ってすぐの週末は、名古屋のヴォーグ学園でお教室でした。
今月から新学期。新しい生徒さんもいらっしゃいました継続していらして下さっている生徒さんも沢山いらっしゃって、金曜日は満席16名でワイワイ始まりました。
皆さん、ありがとうございます。

最初の授業では、リネンを使った、ランダムな裾のワンピースを作りました。 ベテランの皆さんには簡単な内容でしたが、楽しんで頂けたら幸いです。

金曜日クラスの皆さん
いつも早く仕上がるベテランさんも、表に返したら袖が片方裏だったなんてハプニングもありましたが皆さん完成しましたよー






土曜日Aクラスの皆さん
大ベテランのお二人。ものすごーくキレイに仕上げてくださいました


こちらのクラスはお上手な方が多いのです




皆さま、お疲れ様でした。
来月もどうぞよろしくお願いいたします!


ロンドン最終日

セビリアから戻って、またエリザベスのところに一泊して、今回のヨーロッパ滞在の最終日。
午後3時のフライトなので、午前中は、バスでエンジェルにあるスーパーへ行ったり


フラットの裏のマーケットで買い物したりして、


最後にお昼ご飯。前から行こうと言っていた、盛り放題のランチをやっているお店。
なんでも高いロンドンですが、ここは一皿盛り放題でドリンク込みで6ポンドと安いのです。
それですごーく、美味しい




盛り盛りです。エリザベス、肉取りすぎ。
色取り取りの野菜もキレイで美味しい。カリフラワーをオーブンで焼いたのが、すごーく好き。唐辛子のスライスや、オリーブもたくさん食べました。


そして遂に2週間のヨーロッパ旅行を終えて帰ってきたのでした。
帰りは、スーツケース重いから、キングスクロスまでタクシーに乗ったら、すごい渋滞で、結局途中で降りて歩いたり、フランクフルトで乗り換えの時も飛行機遅れてギリギリだったり、バタバタした帰路でした
おnewのはりねずみバッグは、手荷物検査の時に人気でした


また金曜日からお教室が始まります。
皆様、どうぞよろしくお願いいたしますー

セビリアから ロンドンへ

セビリア最終日は、マリソルとお家で過ごしました。
朝食の後は、マリソルが私にバッグ作りのワークショップをしてくれました
彼女のバッグは超人気なのです。

途中、お母さんがスイートワインを出してくれて、ちょっと酔っぱらいながら続行

完成~嬉しい~


お昼はマリソルの家族と妹ラウラと彼氏も来て、皆んなで昼食
本当に素晴らしいご家族でした。大変大変お世話になりました。ありがとうございました

マリソルママのお料理は、ホントに美味しい


私は空港へ。
マリソルパパとマリソルが送ってくれました。
大好きになったセビリアを離れるのは寂しいな。




空港でEileenに会って、なんと!飛行機では隣の席でした!!


Eileenがセビリアで撮ったDolly Treasuresの写真を見せてくれて、楽しくロンドンへ帰ってきました。
エリザベスの家に着いたら、「おー、モモ~、寂しかったわぁ~っ」て。いつも暖かく迎えてくれるエリザベスも大好き

セビリアでのワークショップ

セビリア4日目はDolly Oleの皆んなが企画してくれたワークショップです。
9名の生徒さんが集まってくれました(^^)

場所は可愛い毛糸屋さん。
大きなテーブルとミシンを数台用意してくれました
ミシンを持参してきてくれた人もいて、ミシンが沢山あったので、作業がスムーズでした
テーブルが高すぎて立ち縫い


海外でのお教室は、進行がミシンの性能に左右されることが多いのですが、今回は全部家庭用ではあるけれど、比較的縫いやすいミシンでした。紙を敷いて縫えば、小さなベルト通しの両端にステッチすることもできました。ホントに良かった!これが心配だったのです。
お店のはシンガーのミシンでした。


スペインでのワークショップでしたが、英語が分かる人が多くて助かりました。
しかも、皆んなディーラー参加している人たちなので、お裁縫スキルもあって、作業もスイスイでした。ホントに助かりました
皆さん、袖付けの方法や、襟の尖った角の作り方やピンの打ち方などなど、色々ご紹介したコツやアイディアを、一生懸命聞いてくれました。それで、来年もやってね!って言ってくれて嬉しかったです。

お昼は皆んなで食事 楽しい!

とにかくもー量が多い多い!そして美味しいのだ!
マリソルのチキンとベーコンとオムレツとスイート唐辛子ソースのサンド!スペインのポピュラーメニューの一つだそうです。スゴイね。
うーん、マリソルてば、ダイエット中なのにぃ。

私はサラダとイカリング。付け合わせは、コックさんが適当に盛るので、パスタとか、ライスとか、みんな違ってた。可笑しいね


スペインは朝が遅くて夜も遅い。朝は9時くらいにならないと明るくならないのでビックリです。ランチタイムは2時~3時で、夜ご飯は10時くらい。シエスタで有名なスペインなので、ランチタイムが長いです。
この日も2時から4時くらいまで皆んなでワイワイ。ランチしてコーヒー飲みに行って…
そうそう、スペインのコーヒーはメチャウマなのですねー。とても濃いのでミルクをたっぷり入れて飲みます。いつも薄~いアメリカ派の私ですが、スペインではミルクコーヒーばかりです。



夕方に再開したワークショップは、夜8時に終了~

リカちゃん持ってきてる人、多かったよ
皆んな皆んな、ありがとうございました

Dolly Ole

セビリア3日目の今日はブライスコンDolly oleです。


Dolly Oleは、各地で開催されているブライスコンと同じ内容ですが、アメリカでのブライスコンや、ヨーロッパのブライスコンEUなどのインターナショナルイベントと比べると、スペイン、セビリアの地元のイベントです。
オーガナイザーのマリソルやジャニーが呼んでくれて、私とDolly treasuresのEileenが国外から参加しました

私のブースにDolly treasuresが来てくれて大興奮!


みんなのテーブルを回ってみると、カラフルな作品がとても多いです。



可愛らしいドールハウスやブランコもスペインらしいです




スペインのイベントなので、websiteも会場でのアナウンスもスペイン語のみなので、英語を話せる友達に色々質問しながら過ごしました。
スペインは英語を話さない人も多いです。英語で話しかけても通じないこともしばしば。でも近くにいる人が通訳してくれるので、コミュニケーションには困りませんでした。
とにかく皆んなフレンドリー
皆んなに優しくしてもらって、とってもとっても楽しく過ごしました





写真集メタモルフォーゼにも登場した、カメラマンでカスタムアーティストのエレジオ。


スペインの超有名カスタムアーティストのHola Gominola


本当に沢山の友達に会いました。初めましての人もみんな皆んな、温かくて良い人ばかり。
みなさんお世話になりました。

Dolly Oleは、すごーく長いイベントでした。10時から夜7時過ぎまで。
ゆっくり時間があったので、皆んなに色んな事を聞いたり、写真を撮ったりできました。
イベントでは、映画をテーマにしたカスタムコンテストと、ベストテーブル賞の2つのコンテストがありました。
カスタムコンテストではpam dollsの「Slonch/Goonies」が優勝


ベストテーブル賞は、超可愛いディスプレイだったYeyo's
お茶目なお茶目な人です

オメデトー

受賞者には賞金が!

イベント内でお買い物できるのです。なんて素敵なアイディア!

ラッフルも豪華!





全部賞品なのです
一番の賞品は、ジオラマ付きのこのドール

カスタムはマリソル。ジオラマはジャニーが作ったの

ラッフルは夕方6時から始まりました。ものすごーい盛り上がりました。大勢の人が会場に集まって(全部で300人くらいでした)、番号が読み上げられる時には、皆んなが「シーっ!」ってする。
番号もスペイン語で読み上げられるので、ラウラの彼氏に見ててもらって遊んでたら、「当たったぞー」だって
何が当たったのかもわからないまま、前に出て行ったら、なんとぉっ!!!
大好きなcocomichのカスタムサービスチケットでしたよぉぉぉっ

もぉ~っ、嬉しすぎて手が震えちゃいました
神様これは何のご褒美でしょうか?それともこれから一生懸命何かしなくちゃかな?
本当に本当に嬉しかった!!遠くまで来て良かったなぁーー


セビリア2日目

マリソルとジャニと一緒にセビリアの街へ。
二人とも、イベント前日の忙しい時なのに、時間を取ってくれてありがとう。
空が高くて、明るくて、とっても気持ちがいいです。




生地屋さんを巡って


スペインレースも見て


色々生地を買いました。私はタトゥータイツを履いていることが多いのだけど、生地屋さんのおじさんに、手を握られてタイツを褒められました
タトゥータイツは、外国では評判が良いです。

みんなでスイートワイン飲んで休憩。
アルコール飲まない私が久しぶりに飲んだら、ものすごーい酔っぱらいました。


スペインは本当に楽しい


足がフラフラのまま、セビリア大聖堂へ。
ヨーロッパで一番大きな教会だそうです。展示も素晴らしかった!






教会のてっぺんまで登って街を見渡しました




最後にマッシュルームへ行こうというので
ついてきたらこれでした。
古い町並みとのコントラストが面白いです。


うーん。ブシってなんだろう?


明日はブライスコン Dolly Oleです

ロンドンからスペインへ

リバプールストリートの駅でマリソルと待ち合わせて、スタンテッド空港からスペインのセビリアへ向かいました。




初めてのライアンエアー。歩いて搭乗~


何日かぶりに晴れたロンドンは気持ちがいいです。マリソルの妹のラウラも一緒
彼女は球体関節のお人形を作っている作家さんです。


セビリアも良いお天気!空が高い!


しばらくマリソルのお家にお世話になります。
なんて素敵なマリソル家!お庭にはなんとプールが!


ご両親、弟と、家族皆んなでお茶タイム。

よくこうして家族でお茶を飲むんだって。素晴らしいなあ。家族のコミュニケーションについて考えさせられます。
マリソルのお母さんが本当に素晴らしいと思いました。

夕方は、マリソルとテラスでお裁縫して楽しかった
私は日曜日のワークショップの準備で裁断を。

なんと!私の好きな色で可愛いバッグを作ってくれました
このバッグはマリソルの大人気商品なのです。


夜も皆んなで夕食。お父さんもお母さんを手伝います。はぁ~素敵家族


明日は、街へお買い物へ

ロンドン5日目★221B Bakerstreet

ロンドン5日目はついに221B Bakerstreetへ!


私はイギリスのドラマ「シャーロック」のファンなのです
毎回来たいと思いつつ、なかなか来られなかった場所。
朝はシャーロック達が出入りしたドアの横で朝食です。




なんかちょっと緊張して、あれこれ頼みすぎちゃってお腹いっぱい
マッシュルームオムレツとクリームチーズサンド。美味しかったです

ドラマでも登場する、この隣のカフェには、外国から来たシャーロックファンの子達もいて、皆んなで写真を撮りあったのでした。

ああ楽しかった

ドラマでよく登場した病院St Bartholomew's Hospital (聖バーソロミュー病院)へも行ってきました。

この壁が見たかったのだ。
残念ながら外壁は只今工事中で、全体を見られなくて残念。
シリーズ2の3話で、シャーロックが飛び降りたビルでもあります。次回もまた行こうっと

午後は借りていたミシンを返しにレオの家へ。
レオは素敵なフラットにお引越しして、ワークスペース広く取って、快適に生活しています。
今も創作人形制作に取り組んでいて、大きな男の子と女の子を作っています。
日本で見られる機会があるといいね。

数年前に一緒に行ったカフェでご飯。
以前、この辺りが素敵だから住みたいな~と言っていたので、夢が一つかなってよかったね。


レオの理想は倉庫を改造した、大きな窓のある部屋をアトリエにすることなんだって

ロンドンにはレオの好きなものが沢山あるね。

最後はリバプールストリートで明日の空港行きの切符を買いました。

明日はスペインの友達と駅で待ち合わせて、セビリアへ出発します。
土曜日はスペインのイベントDolly Oleがあります。翌日の日曜日は1dayのお教室。今回はJUKIのミシンがないので、ちょっと心配なり。

夜はエリザベスがパスタ作ってくれた

今までは夜遅くまで遊び歩いていた私ですが、今回はなるべくエリザベスとの時間を大切にしたいのでした。
お腹いっぱいぱい。

ロンドン5日目

ロンドン5日目は、可愛いカフェに行ったり散歩したりして過ごしました。
アフタヌーンティーは量が多すぎるし、高すぎるので、ケーキと紅茶




ここのカフェはバスでアフタヌーンティーパーティーというのもやってます

45ポンド(9000円)!

可愛いお店でした


ぶらぶらしながら写真撮って、雨に降られてパブやカフェで雨宿りしながらあっという間に夜になりました。
これは、すごーく古い建物だった。


この一角は道路になっていないので、古い時代の映画を撮るときに使われる場所なんだって。


パブで食べたベジタリアンバーガーは美味しかった!お肉の代わりにカボチャペーストを焼いたのが入ってます。ウマウマ


私は夜のロンドンの街が大好き
とってもキレイ






そして最後にここに到着!
ドラマSharlockをご覧になった方にしか分からないけど
221B ベイカーストリート!(ホントは違うけどね)


ドラマ、シャーロックのロケ地がこの辺りに他にもあったので、明日の朝また来ようと思う。
うふふ

ロンドン4日目

ロンドン4日目は、夜にバーミンガムに帰ってしまうEugenioとDarrallとCraleと一緒にコベントガーデンで遊びました。


待ち合わせ前にチェルシーのヴィヴィアンショップ Worlds endへ行ってきた3人は、大きなヴィヴィアンの紙袋をさげてました
Worlds endには、ヴィヴィアンウエストウッドが、このお店だけに作る商品があるのだそう。ヴィヴィアンしか着ないDarrallのコレクションはスゴイ!もう寝室は服で一杯なんだって。
で、コベントガーデンでは、ヴィヴィアンウエストウッドの息子さんのお店JACK SHEPPARDへ

コベントガーデン店は、去年オープンしたばかりだそう。
うーん、とっても高いです

3人といると30分~一時間おきにパブに寄ります。飲まない私はノンアルコールのジンジャービール。
Eugenioの新作トゲトゲ靴を見せてもらった。可愛いな。




Eugenioが面白いカメラを買ってきた

テレビで、バンジージャンプやジェットコースターでヘルメットにつけてるようなカメラです。
「水の中も20mか40m潜れるよ。ブライスと一緒に」って笑ってた。
東京のブライスコンにも付けていくかなって

夜はイタリアンでディナー。すっごく美味しかった!


また来年まで会えないの寂しいけど、今度は東京で会えますように

ロンドンでミニワークショップ

ブライスコンUKの翌日は、ロンドンでミニワークショップをしました。友達ばかりのワークショップで、楽しい時間を過ごしました

お洋服作家として有名な2人。LindaとEugenio。
リンダさんは、いま発売中のDolly Birdに、海外人気アーティストととして紹介されています。
Eugenioは靴も有名ですが、個性的なドレスも素敵なんです。




今回のドレスはシフォンのドレス。薄い生地の縫い方や裏地のつけ方などを紹介しました。
Lindaさん、スカート裾の三つ巻き押さえに挑戦


ジェニーも来てくれました!会ったのは、なんと2012年春のロンドンのワークショップ以来かも!
ここ数年、大きなご病気をした時には、お洋服を作って送ったこともありました。元気でまた会えて嬉しい!!


そして完成~




皆んなで、また来年、東京で会おうね~って、別れたのでした。


今回の会を企画してくれたエリザベスに感謝~


Blythe Con UK

土曜日はBlythe Con UKが開催されました。場所はChelsea のchelsea Old Town Hall。この辺りはKing's loadなので高級ショップが並ぶエリアです。
ホールはとっても素敵な建物でした。




私はレオとお隣で楽しかった!!オランダの友達が撮っていてくれた写真です。レオが笑ってると嬉しいな。


ホールの中央にはテーブルスペースが設けられていて、早速みなさんドールを並べてワイワイしています。


私の大好きな作家さんEmma Mountのイラスト作品。手前のハンガーにかかっているのは、ブライスを描いたイラストをプリントしたクッションカバーです。これ買いました


洋服以外にも可愛いものが沢山あります

ちっちゃい手編みの手袋も買いました。

TSANFWの靴も買った!


お昼からは私のソーイングデモンストレーションがありました。
今回は、定員を設けなかったので、沢山の人が参加してくれました。嬉しい!
そして親切な皆さんは、ナイスリアクションで一生懸命説明を聞いてくれました。

後ろでレオが見張ってる。私が英語間違えると指摘されるのだ。

今回も沢山の友達に会いました。
EugeniowmとDarrell


ロンドンのリンダと、アムステルダムのヘマ


スペインのマリア


一緒にプーリップ作った、イギリスのローラだよ


毎年皆んなにあえて嬉しい!

最後はみんなのお楽しみ。ラッフルです
作家さんから集まった寄付がこんなに沢山!






ラッフルが始まると、みんなステージに大注目!番号が読み上げられます。


ラッフルチケットは3枚で5ポンド(約1,000円)で販売されました。
私とエリザベスのチケット


なんと私は今回も可愛いドレスが当たりました


いつか、カスタムドールを当てたいものです

今雰囲気のイベントでした。
今日はもう眠くてフラフラ。
またご紹介しますね。

読んでくださってありがとうございました。

ロンドンへ出発~ブライスコンプレミーティング

昨日からロンドンに来ています。
金曜日の午前中の便で成田を出発して

金曜日の夕方にロンドンに到着。今回もエリザベスの家にお世話になります。
いつも色々なものを買っておいてくれるエリザベス。今回はスカルの付いたルームシューズをプレゼントしてくれました。わーい

夜はパブで行われたプレミーティングへ行きました。昼間に公園で開催されることの多いプレミーティングですが、ロンドンはパブで!ロンドンらしいです
ブライスとビール。




私は大好きなオランダの友人たちとワイワイ


楽しかったけど、猛烈に眠かった。この日は24時間おきていた感じです。
翌日はブライスコンUKなのでした




10月のお教室と、ヨーロッパへ行ってきます

今日、10月2日から14日まで、ロンドンとスペインのセビリアへ行ってきます。
ロンドンでは、明日3日にブライスコン UKが開催されます。私は、イベントの出展と、ソーイングのデモンストレーションをします。



翌日の4日はロンドンで1dayのワークショップを開催します。先日JUKIさんのワークショップでも製作したシフォンのドレスを作ります。

次の週末は10日にスペインのセビリアでDolly Oleという、ブライスのイベントが開催されます。こちらは、イベント出展と、翌日に1dayのワークショップをします。皆さんのリクエストもあって、ジャンプスーツを作ります。


2回の週末をヨーロッパで過ごすので、少し長い滞在になります。
日本へ戻ってすぐに10月のお教室が始まるので、10月分の教材を用意しました。
今月はランダム裾のロングワンピースを作ります。ドレープを作りやすいので、私には珍しく麻を使用しています。


長くお教室へいらしていらっしゃる生徒さんには、簡単な内容かもしれませんが、前開きのワンピースになっているので、いつもと縫い方が少し違います。
スカートは2段になっていて、好みでスカートにタックをとって、アシンメトリなデザインにします。



ローウエストのゆったりしたシルエットのワンピースですが、ウエスト周りはすっきりしたパターンにしました。


継続していらして下さる皆様、今期から新しく参加される皆様、また半年間、どうぞよろしくお願いいたします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

MOMOLITA

Author:MOMOLITA
ZERO Goods universe
MOMOLITA事業部
〒419-0107
静岡県田方郡函南町平井1264-4
tel/fax 055-979-6648
E-mail momolita@zerogoodsuniverse.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する